未来をひらく、半導体製造装置組み立て

パソコンやスマートフォンはもちろん、自動車、航空機など社会システム全体を支えるキーデバイスとしてすでに不可欠な存在となったICやLSIなどの半導体チップ。その小型・高性能化・高品質化のカギを握るのが半導体製造装置組み立て技術です。こちらでは、半導体製造装置組み立てで躍進する佐賀市の「メック 株式会社」が、半導体や半導体製造装置についてわかりやすく解説しています。

当社では現在、私たちと一緒に働いてくれる新たな人材の採用を行っています。就職活動中の方、半導体や半導体製造装置を扱う仕事に興味のある方、この世界でキャリアパスしたい方は、ぜひ採用エントリーフォームからご応募ください。

半導体って何?

導体と絶縁体の中間的存在=半導体

鉄や銅、炭素など電気をよく通す金属、元素を総称して「導体」と呼ぶことは、中学の理科などで習ったことがあるでしょう。「半導体」とは文字通り、そうした導体よりも電気を通しにくい材料のこと。一方、電気をまったく通さない物質は「絶縁体」と呼ばれ、ゴムや磁器などの材料がよく知られていますが、半導体はいわば、この導体と絶縁体の中間的存在です。

ICやLSIチップが半導体の代表選手

ICやLSIチップが半導体の代表選手

導体ほどは電気を通さないが、絶縁体とは異なり多少の電気を通す材料──というのが、半導体の正しい意味。しかし、最近、半導体と言えばこうした材料を用いたトランジスタやIC(集積回路)やLSI(超集積回路)を慣例的に指すことが多くなっています。その背景には、ICやLSIなどのチップは今やパソコンからケータイ、スマホ、自動車、航空機など社会システムの核をなすデバイスとして活用されており、すでにこうした半導体なしでは、現代社会は成り立たないほどになっている事情があります。

半導体の進化がもたらす人工知能の時代

半導体の進化がもたらす人工知能の時代

ICやLSIといった半導体は情報の記憶だけでなく、数値計算や論理演算などの知的な情報処理機能を持っており、電子機器や装置の頭脳として大きな役割を果たしています。今は、単なる機械のような存在でも、将来、人工知能が極度に発達すると、人間のように感情を理解したり、高度な知的活動に携わったりといったことも可能になるでしょう。そうなれば、社会全体が大きく様変わりすることになります。そのカギを握っているのがまさに半導体。かつて世界の主要産業は自動車でしたが、今後は半導体産業がこれに代わって世界をけん引していくことになるでしょう。

半導体製造装置が果たす役割

世界がしのぎを削る半導体製造装置の開発

しかし、ICやLSIを製造するにはたいへん高度な技術が必要です。このような半導体は、原材料となるシリコンウェアを薄くスライスして、この表面に各種の材料皮膜を形成したり、ミクロン単位の配線を写真のようにプリントして微細な回路を構築したりして作られますが、究極の精度が要求される工程だけあって、半導体=集積回路を製造するために用いられる装置の開発にも世界がしのぎを削っている状況です。ICやLSIの集積度を高めたり、製造の歩留まり(不良品を出さないこと)を上げたりするには、この半導体製造装置の性能がものを言うからです。

メックは「半導体製造装置」組み立てのスペシャリスト

メックは「半導体製造装置」組み立てのスペシャリスト

半導体製造装置の性能はもちろん設計や仕様によって大方が決まりますが、しかし、実際にその通りのパフォーマンスを発揮できるかどうかは、装置を製造する際の工程や品質管理にかかっています。創業から約40年、半導体製造装置の組み立て一筋に経験を積んできた佐賀市のメック株式会社は、この道のスペシャリストとして、豊富な経験とノウハウ、クラス1000というきわめて高い清浄度を誇るクリーンルーム、厳格な検査態勢を背景に、世界的なメーカーの要求水準に応え続けています。メックで働くということは、このように世界の最先端に触れながら、自らも熟練した技術者としてスキルやキャリアを高めていくことにほかなりません。